Webマーケティングの仕事はAIの発展で奪われるか?【未経験者必見】

webマーケティング
スポンサーリンク

AIの発展で人間の仕事は奪われる。そんな懸念が静かに囁かれる昨今。

 

Webマーケティングの仕事は、今後AI技術が発展することでどう変わるのでしょうか。

 

 


 

 

AI技術の発展はWebマーケターにとって脅威か?

AI技術の発展で、人間の働き方も変貌を遂げることが予測されます。AIを導入した方がコスト削減になる職種や業務内容では、スキルの低い人間が不要になる可能性は十分考えられます

 

 

しかしWebマーケティング業は、AIの発展でより一層利便性を高め、発展が期待できる業種と考えられます。

 

今後未経験からWebマーケティングを目指す人にとっては、Webマーケターが将来性があり、AIにとって代わられにくい職業であることを、知っておきたいところです。

 

 

未経験から将来性の低い業種に就くために労力を投じても、ただの無駄になるおそれもあるでしょう。

これから新たな労力を投資するなら、費やす労力や費用以上のメリットが見込める職種を見極めることは欠かせません。

 

 

Webマーケターは、未経験から学習時間や労力を投じるメリットの見込める、有望な業種と言えるでしょう。

 

 

 

そこで今回は、AIの発展でWebマーケティング業界はどう変わるのか。そして、Webマーケターに期待できる将来性についてを解説します。

 

 

 

WebマーケティングはAIを活用して発展できる

結論から言えば、Webマーケティングの仕事はAIに仕事を奪われるどころか、共存していける仕事です。

 

 

AIの発展が雇用情勢に及ぼす未来を予測した有名な論文があります。 

これは、オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン博士がカール・ベネディクト・フライ研究員と共著で発表した論文です。

 

この中で博士は、AIが発展することでルーティン化できる仕事の割合が増加すると予測しています。

 

この観点で見ていくと、Webマーケティングで取り扱う内容はAIが不得意な分野と言えます。

 

Webマーケティングは、複雑な要因で刻一刻変化する人間の心情に深く関わるため、ルーティーン化の非常に難しい業務であることが、その最大の理由です。

 

 

そのためWebマーケティングという仕事は、ルーティン化や情報処理の得意なAIと共存して今後一層発展が期待できる職業と言えます。

 

 

 

AIが得意な仕事

AIには主に2つの学習法があります。

 


・機械学習(マシーンラーニング)・・・ルールや学習パターンを人間が教えること

・深層学習(ディープラーニング)・・・学んだルールやパターンをさらに深めること

 

ファーストステップでは、人間がAIに一定のルールを教えなければなりません。しかしいったんルールを学んでしまえば、AIは学んだルールを活用して、人間では到底追いつけないほどの正確さとスピードで計算結果を算出することができます。

 

 

機械学習と深層学習によってスキルアップするAIが得意とするのは、以下の6つの仕事です。

 


1:言語処理

2:音声処理

3:単純作業

4:画像認識

5:機械制御

6:推論

 

AIは、単純作業・データ処理・処理したデータから規則性を見つけ出すことが得意であると言えます。

 

 


< AIが得意なこと >

・教わったルールに基づいたルーティンワーク

・高速のデータ処理・データに規則性を見出す。

 

 

 

今後のAIの発展で雇用が減ると予測される人間の仕事

AIは学んだルールや学習パターンに基づいて、正確かつ迅速な情報処理を実施するのが得意です。

 

 

単純な情報処理や一定のルールに従って求められる解を用いた仕事は、人間よりもはるかにAIが得意とする領域です。つまりルーティン化、自動化可能な仕事は、AIで代替可能な業務と言えます。

 

 

今後AIの技術革新が進み、AI導入コストが軽減して人件費よりも安価になれば、人間が転職せざるを得ない可能性は大いに考えられます。

 

 

なおマイケル・A・オズボーン博士の論文では、AI導入によるオートメーション化の発展によって今後存在価値が危ぶまれる職種として、具体的な仕事を挙げています。702もの仕事全てについて、AIにとって代わられる確率を分析し試算した結果であり、信憑性は対秋と言えるでしょう。その一部を抜粋したものが以下です。

 

 


・臨床検査技師

・弁護士を補助するパラリーガル

・金融コンサルタント

・会計士

・タクシー運転手

・ホテルやレストランの受付係

・簿記・会計・監査の事務員

・給与・福利厚生担当者

 

今は専門職として高収入を得ている職業も、AIにとって代わられる可能性を大いに秘めていると博士は指摘している点は興味深いでしょう。

 

 

AIが苦手な仕事

ルーティンワークと情報処理が得意なAIにも、苦手な仕事があります。それこそが、Webマーケティングで取り扱う、一筋縄ではいかない人間心理を扱う仕事です。

 

 

行動経済学でも、感情や印象によって、合理的ではない振る舞いを最善と判断する人間の本質を指摘しています。

 

 

クリエイティビティや社会性を必要とする仕事は、オートメーション化できません。こういった現在のAIが不得意とする分野の仕事は、価値が高まると予測されています。

 

 

 

Webマーケティングの根幹は感情のデータ化

Webマーケティングの仕事においては、さまざまな感情が入り組んだ人間の行動と向き合います。

 


< webマーケターの業務 >

・製品やサービスに感情移入してアピールポイントを探す

・データ化できない顧客の感情を探る

・クライアントとコミュニケーションをとって、意向を理解する

・顧客の潜在的な欲求とクライアントの意向の接点を見つける

 

Webマーケターが取り扱うのはまさに、AIが苦手とする理屈で処理しきれない人間心理です。この点においてWebマーケターは今後も需要のある仕事と言えます。 

 

 

 

WebマーケティングはAIと共存できるが安泰ではない

先述のオズボーン博士の分析では、オリジナリティが高くクリエイティブな職種は、オートメーション化は難しいと予測しています。Webマーケティングも、AIにポストを奪われる危険性は他の業種に比べれば低い仕事です。

 

 

しかし10年先20年先も、すべてのWebマーケターが活躍し続けられる確約はありません。なぜなら、すべてのWebマーケターが常にオリジナリティがありクリエイティブな仕事をしているとは言い切れないためです。

 

 

WebマーケティングのツールもAI導入で大きく発展する

Webマーケティングの仕事で用いるページビュー(PV)やコンバージョン率、直帰率などを分析するためのツールは、 AIによって大いに発展すると予測されます。

 

 

AIはビッグデータを収集、分析し最適解を見出すことが得意です。Webマーケティングの仕事は大いに効率化され、人間のより質の高い作業を短時間で行うことができるようになると考えられます。

 

 

 Web マーケティングと AI は大変相性が良く、共存共栄が可能と言えるでしょう。

 

 

 

Web マーケティングの仕事の一部は AI に奪われる

Web マーケティングの仕事は 大きく分けて4つあります。

 


< Webマーケティングの仕事の内容 >

1:データ収集と分析

2:クライアントとのコミュニケーション

3:販売方法の考案、提案4:ウェブサイトの構築 

 

この4つのうち、2〜4は AI よりも人間が優位な仕事内容です。オリジナリティやクリエイティビティを要求されます。

 

しかし1のデータ収集と分析については、 AI が圧倒的に優位です。人間が行えば膨大な時間と労力を要するビッグデータの収集や分析、データの再作成も、 AI なら短時間で正確に処理できます。

 

 

そのため Web マーケティングの仕事の中でも、マーケティングのデータ収集や分析を専門職とするのは危険です。

 

 

むしろ、今後登場する様々な AI ツールを活用するスキルを磨きましょう。 AI ツールを活用できる Web マーケターになることが、 AI 社会で生き残る Web マーケターに必要な条件です。

 

 


< Web マーケターで AI 社会でも活躍できる人のスキル >

・AIツールを存分に活用できるスキル

・ クライアントとのコミュニケーションスキル

・ AI が算出したデータから、複雑な人間心理を読み解くスキル


 

 

 

 

AIが発展しても退化しないWeb マーケターが生き残る

AI の発展によって、人間の能力が低下する危険性は否めません。

 

 

例えば単語を入力際にAI が自動変換するソフトウェアの発達で、文章を構築する能力や語彙力が低下することが考えられます。

 

 

AI は学んだルールに則って正確に分析結果を算出しますが、AIに学ばせたルール自体に誤りがあれば産出される結果も当然間違ったものになるでしょう。

 

 

AI 化社会でも高い評価を得るWeb マーケターは、 もしAI が学んだルールに誤りがあればそれに気付き、修正できる人材です。非常に高度な教育を受けた人材と言えます。

 

 

AI を教育するのは人間です。そして人間は完璧ではありませんから、 AIに誤った教育をする可能性があります。 AI 化社会において、 AI が導き出した答えを無条件に鵜呑みにする人材は仕事におけるポストを失うでしょう。

 

 

AIを教育、修正し管理しながら AI を便利に活用できる人材が、 Webマーケティング業界でも必要な人材として生き残ることができます。

 

 

 

AIの上を行く、クリエイティブな Web マーケターになる

日本におけるロボット市場は世界に比べて発展が遅く、直近のデータでは9000億円ほどでした。しかし世界的な AI 技術の発展に追随するように、2020年には約3兆円、2035年には10兆円程に達すると予測されています。

 

 

AI が人間の暮らしに浸透し、ルーティンワークを人間の代わりに行うようになるのは確実と言えるでしょう。

 

しかし AI が完全に人間の知性を手に入れるまでは、少なくとも50年はかかると言われています。

 

日進月歩で AI の技術は進歩している今、AIに淘汰されずに生き残るための2つのスキルを磨くことは欠かせません。

 


< AIに淘汰されないために身につけるべきスキル >

・オリジナリティの高いクリエイティブを生み出すスキル

・AIツールを使いこなすスキル

  

Web マーケターは、この二つのスキルが必要な仕事です。今後需要も伸び続けることが推測され、将来性のある仕事といえます。

 

 

 AI が猛スピードで成長をしている今、学ばない、スキルを磨かない人間に生き残る余地はありません。

生き残るために、学びましょう

そして今後の備えとして、 Web マーケティングスキルを学ぶことを、今から学び始めることを是非おすすめします。 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました