未経験からWebマーケティング転職が可能な理由とAIとの関係

webマーケティング
スポンサーリンク

「Webマーケター」「未経験」と検索すると、サジェストキーワードに「無理」というワードも出現します。本当に未経験からWebマーケターになるのは無理なのでしょうか。

  

 

Web上に記事を書いた見知らぬ誰かが「無理」だと言っても、挑戦してみたい!自分の可能性を断ち切りたくない!

そう思う人にとっては非常に有用な記事です。この先を読みすすめてください。

 

 

Webマーケティング業界に未経験で参入するのは無理?

この問いに対する答えを最初に述べると、全くもって無理ではありません。

正しい戦略と適切な時間と労力を投入するれば、結果を出せます。

 

正しい戦略 × 適切な時間 × コスト(労働力・学習・経費) → 成功

 

これは、Webマーケター以外にもさまざまな業種に未経験で参入し、結果を出してきた筆者の実体験からも断言できます。

 

 

ただし、ベースになるスキルの有無やレベルによって、結果を出すまでに要する時間は異なります。例えスキルがあっても、年単位に渡る継続した努力が必要なことは言うまでもありません。 

 

成功するまでやめない

途中で投げ出さなければ、未経験でもWebマーケティング業界で結果を出すことはもちろんできます。

 

 

 

Webマーケターとして未経験から結果を出すに至るには、どんなに基本スキルや素養のある人でも時間がかかります。 

 

今の生活を守り、将来への備えも継続することは、挑戦し続けるために欠かせません。

 

しっかり支出をコントロールして、資産を蓄えつつ、安心して挑戦できる環境を整えましょう。

 

  

 

「Webマーケティング」「未経験」「無理」の3つの理由

未経験でWebマーケティング業界に転職することは可能です。もちろん、結果を出すこともできます。

  

 

にもかかわらず、未経験からのWebマーケティング業界への転職が無理になってしまうことは十分にあり得ます。その理由は何でしょうか。

  

理由には、以下の3つがあります。

 

 

< 未経験者がWebマーケティング業界参入に失敗する3つの理由 >

・挑戦しない

・リスクを取らない

・自分を過信して、最初から完璧を目指す

 

 

詳しくみていきましょう。

 

 

未経験からWebマーケティング業界参入に失敗する理由1:挑戦せず諦める

未経験からWebマーケティング業界参入に失敗する1つ目の理由は、挑戦すらしないことです。

 

ウェブサイト上には無数の、ベテランWebマーケターを名乗る人物による、未経験者には、Webマーケティングは無理だと切って捨てる記事がいくつも存在します。

 

 

こうした記事を目にしたことで、挑戦する前に、未経験でWebマーケターになるのは無理だと思い込んでしまう。

 

その結果、挑戦する前に諦めてしまう人もいます。

 

 

人ぞれぞれ、置かれている状況もスキルも違います。

同じように努力すること自体が事実上不可能ですから、誰かの体験談が自分にも当てはまるとは限りません。

 

それでも一つだけ言えることは、挑戦しなければ成功はないということ。

 

そして成功する前に諦めれば、決して成功はないということです。

 

 

どんなことにも共通する成功するために必要な才能があるとすれば、折れず諦めない強い心と、続けるための環境を整備するスキルの2つでしょう。

 

 

< 成功するための2つの条件 >

・成功するまで諦めず、心が折れてもすぐ修復するスキル

・成功するまで継続するための環境を整えるスキル

 

 

未経験からWebマーケティング業界参入に失敗する理由2:リスクをとらない

何か新しいことを始めることは、投資と同じです。すぐに結果は出ませんから時間も労力もコストもかかります。どんなに努力してコストをかけたからといって、成功する確約は何もありません。

 

 

人は本能レベルで、得することよりも損失を恐れます。そのため、多くの人は損失を恐れてリスクをとりません。

 

しかし成功するためには、少数派になることが欠かせません。

 

大多数がとらないリスクを取る。

この選択ができることで、成功につながる道へのチケットを手に入れることができます。

 

 

    すぐ結果がでないことはわかった上で、時間・労力・コストを惜しまない

      

            → 成功の確率が上がる

 

 

厳しい言い方になりますが、誰かが無理だと言うからという理由で挑戦すらせず諦める。その程度の気持ちなら、挑戦しないほうが時間も労力も無駄にならない分お得でしょう。

 

 

結果が出るまでには時間がかかります。

 

自分が望む結果になるまでには、さらに時間を要します。

 

 

外の雑音に一切耳を貸さず、自分の中から生まれる雑音は根絶やしにしながら、ゴールだけを見据えてPDCAサイクルを回すことができないなら、何をやってもうまくいきません。

 

 

無責任な他人に自分の人生を預けてはいけない

外野はいつも、頼んでもいないのに余計な意見を言います。しかし、自分の人生の責任をとるのは自分1人です。

 

あなたの周りにもこんな人はいませんか。

自分の仕事は特別にすばらしく、特別な人材(=自分)にしかできない仕事だという幻想に囚われて、マウントをとる人。

 

Webマーケティング業界も例外ではありません。未経験者と一言で言ってもスキルも経験値も様々です。それを考慮できずに極論を吐き捨てる人間は、一定数います。

 

 

またWebマーケティングに関する記事を書いているのが、Webマーケティング経験者とは限りません。情報商材に誘導するために読者の心を折り、自分の提供する高価な商材を使えばWebマーケティング業界に未経験から転職できますよ、と言いたいだけの可能性も大いにあります。

 

 

未経験からの挑戦が無理か否かは、自分が決めることです。自分のスキル。投下できる時間と労力。自分の置かれた環境。全てを理解しているのは自分しかいないからです。

 

挑戦できる環境に自分はいるのか否か。知っている自分自身にしか、自分の人生の決断はできません。

自分以外の誰も、自分の人生の選択に対する決定権はないのです。

 

 

そして、正しい戦略のもとに時間とコストをかければ、必ず結果はついてきます。

 

正しい戦略 × 適切な時間×コスト(労働力・学習・経費) → 成功

 

 

 

 

リスクを最小限にしてとにかく行動する

挑戦するための第一歩を踏み出せないこと。そして、成功するまで続けられないこと。これらはあまりにも大きな損失です。

 

未経験ならまず学ばなくてはなりません。

特にWebマーケティングは、実践が重要です。学んでアウトプット。自らにフィードバックしながら学び直して修正してアウトプット。この連続です。

 

 

最初からコストをかけ過ぎれば生活を圧迫し、経済的に継続不可能に陥る恐れもあります。スタートの段階ではリスクを最小化することが継続のコツです。

 

 

安価に独自ドメインとサーバーを契約して、ワードプレスで自分のブログを運営することからWebマーケティングの実践経験を積めば、コストを最低限に抑えつつ実績と実践経験を得ることができます。

 

 

ちなみにこのサイトは、エックスドメインとエックスサーバーで作成しています。筆者はこれまで6社ほどサーバー契約して利用しました。中でもエックスサーバーが最も使いやすくスピードやサポート体制にも満足しています。

 

コストは最低限に抑えて、すぐに実践の第一歩を踏み出しましょう。

 

 

未経験からWebマーケティング業界参入に失敗する理由3:いきなりマルチプレーヤーを目指す

Webマーケティング業務の現実は多岐にわたります。その全てをいきなり全て網羅しようと手を広げすぎることで失敗するケースはよく見受ける事例です。

 

Webマーケティングの業務は、データ分析だけではありません。クライアントとコミニケーションを取りながらコンテンツやサイトを作成し、PDCAサイクルを回すことも業務の一環です。

 

かなり広い範囲を網羅していることがわかります。

 

 

しかし本来は、Webマーケティングはウェブを用いたマーケティング業務です。マーケティング業務のフィールドがウェブ上のサービスに限定されているだけと言えます。しかし日本のウェブリテラシーはかなり遅れており、クリエイティブ職への理解も全くできていません。

 

またWebマーケティングの需要が伸び、小規模なWebマーケティング会社が増加しました。しかし小規模なWebマーケティング会社では外注や分業するための人材を揃える資本力がありません。

 

そのため、自分の専門外の業務を何でもこなさなくてはならないという無理強いが当然のように横行しています。

 

 

Webマーケティング5つの業務

Webマーケティング業務は主に以下の5つの柱で構成されています。

 

・データの分析

・戦略を練る

・クライアントとの交渉

・コンテンツ作成

・サイトの構築

 

これら5つの業務に求められるスキルは全く異なることは明らかでしょう。

 

それぞれについて、今後発展と導入が推測されるAIとの関係性も絡めつつ解説します。

  

 

データの分析

データの分析に求められるのは以下のスキルです。

 

・様々なウェブ上のツールを使いこなすスキル

・分析すべきデータを正しく収集し、選定するスキル

 

 

データ分析については今後AIにとって代わられる可能性が大いに考えられます。しかしデータを分析する際のルールをAIに体系的に教えたり、AIに何のデータをどれだけ分析させるのかを正しく判断するスキルは、AI導入後も必要です。

 

思考力や判断力は身につけるのに時間がかかります。Webマーケティングの学習を始めた段階から、常に訓練することを心がけるのが大切です。

  

 

戦略を練る

分析データから正しく顧客の動向を読み取り、クライアントの意向とすり合わせて結果を出すための戦略を練るスキルです。

 

・データの中に規則性を見出すスキル

・データから見出した規則性の裏側にある顧客の心のツボを読み解くスキル

・顧客への最も効果的な訴求方法を考案するスキル

 

 

顧客は5%の顕在意識と95%の潜在意識で行動すると言われています。顧客が気づいていない本当の欲求に気付き、そこにポイントを絞って効果的に訴求することはAIでは当分不可能な領域と考えられています。

 

 

まさにWebマーケティングの真骨頂であり、Webマーケターの醍醐味である反面、正解のない問題を解き続けるようなゴールのない業務でもあります。

 

 

クライアントとの交渉

クライアントと戦略の提案をしたり、意向を聞き取ったりする業務も重要なWebマーケティングの業務です。

 

・傾聴するスキル

・提案でクライアントの心を動かすスキル

 

 

Webマーケティングでは、営業スキルが求められる業務も含んでいることを知っておく必要はあります。

 

 

コンテンツ作成

ウェブサイトやSNSの記事を作成する業務です。

 

・SEOライティングのスキル

・コピーライティングのスキル

 

 

これもWebマーケターというよりは、Webライター、SEO、コピーライタースキルが必要な業務です。

 

 

最近ではAIを使って日本語の文章を自動作成できるようになりました。しかしまだかなり不自然で、文法も文脈も混乱した文章しか作成できない段階です。

 

SEOのルールも刻々変わります。変わるSEOルールに則した自然で、正確な日本語で文章を作成するスキルが人間に求められる状況は当分変わらないでしょう。

 

 

サイトの構築

ウェブサイトという場の顧客への訴求力を高めるために、デザインを考案したり、HTMLとCSSやCMS、プログラミング言語を駆使してより効果的なウェブサイト作りに貢献します。

 

・Webデザインスキル

・プログラミングスキル

 

  

サイト構築業務はかなりクリエイティブな要素が求められます。Webデザインとプログラミングスキルを並列させて紹介しましたが、実際は全く異なるスキルです。

 

 

Webマーケティングスキルは生涯学び続けるもの

Webマーケター業務で紹介したように、1人のWebマーケターにデータ分析、戦略の考案、営業、Webライター、Webデザイナー、プログラマーという5役を強いているのが現在のWebマーケティング業界です。

 

この全てを未経験で実行するなら、未経験からWebマーケティング業界に転職するのは無理、となるでしょう。

 

しかしWebマーケターが不足している現状にあって、5つのスキル全てが合格点ではないから採用しないということはまずありません。何より、Webマーケティング自体がまだ新しい領域であり、5つの業務全てを1人で完璧にこなせるWebマーケターはいないでしょう。

 

 

Webマーケティングは今後も需要を伸ばし続け、発展し続けることが予測されます。足りないスキルは、経験値を積みながら学んでいけば良いものです。

 

 

5つの業務のいずれかにおいて特筆したスキルや実績、そしてスキルアップし続ける姿勢があれば、未経験からWebマーケティング業界に参入することは全く無理な話ではありません。

 

 

Webマーケティング未経験なら外注を採用するのも一手

先ほど自分のウェブサイトを作り、実績を作ることをおすすめしました。

 

 

この時大切なのは、多少の時間がかかっても自分でドメインやサーバーの契約をし、自分でワードプレスを構築。自分で記事を書いて、アクセス解析をしながら戦略を練り、PDCAサイクルを回すことです。

 

 

自分でブログ運営を行えば、Webマーケティング業務の全てを経験できます。経験を積むことは、実績を出す過程において非常に重要です。

 

 

ただ時間は有限です。本業を別に持ちながら副業でブログを運営するなら尚更、時間との戦いになるでしょう。

 

 

ブログは最低でも3ヶ月、100記事程度書かないと、現在進行形で活動している検索結果にも上がらないというのが定石です。これを達成するには、1日1記事以上記事を書く生活を3ヶ月以上継続する必要があります。

 

 

またWebデザインを学んでより効果的なウェブサイトを構築するには、更なる学びが必要であり、多くの時間を要します。

 

 

Webマーケティングの5つの業務のうち、自分が最初に特化させるスキル以外の業務を外注すれば、時間を大幅に短縮して最大の効果を期待できる可能性が広がります。

 

 

例えばクラウドワークスでコンテンツの作成を外注すれば、100記事に到達するまでの期間を短縮できます。クラウドワークスでは、Webデザインやプログラミングの発注も可能です。Webデザインやプログラミングの得意な人にサイトの構築を外注すれば、訴求力の高いビジュアルデザインのウェブサイトにできるでしょう。

 

ココナラでは、アイコンやアイキャッチ画像の作成といった内容も依頼できます。

 

 

特にWebマーケティングでの起業を視野に入れているなら、人材のマネジメントを学ぶ意味でも、クラウドワークスやココナラを活用すると良いでしょう。

 

 

未経験からWebマーケティングに転職なら丸腰ではダメ

未経験だからWebマーケティング業界に転職するのは無理、というのは誤解であることがお分かりいただけたでしょう。

 

 

未経験でもwebマーケティング業界に参入することは、無理ではありません。

ただし丸腰のままで、未経験からWebマーケターになるのは無理です。

何の武器も持たずに戦場に赴けば、結果は火を見るより明らかでしょう。

 

 

あなたは何の武器を身につけますか。

 

 

未経験からWebマーケターになるなら特化すべきスキル2選

Webマーケティングに必要なスキルは5つあります。

 

・データ分析スキル

・戦略を練るスキル

・クライアントとの交渉スキル

・コンテンツ作成のスキル

・サイト構築のスキル

 

 

この中でも筆者の経験とAIの発展状況を考慮して、特に優先的に身につけるべきと言えるスキルが2つあります。

 

 

それが、戦略を練るスキルとコンテンツ作成スキルです。

 

 

戦略とコンテンツがWebマーケティングを攻略のカギ

正しく情報を解析して戦略を練るスキルは、Webマーケティングの要です。戦略を誤れば、どんなに素晴らしく構築されたサイトでも集客できません。

 

無数の情報が溢れた昨今では「どの情報を取り入れるか」よりも、「どの情報を捨てるのか」を適切に判断する力が、より重要です。

 

 

戦略構築スキルはインプットとアウトプットの繰り返しで身につける

情報を正しく精査し、情報を正確に読み解いて体系化。そこから戦略を立てるスキルは、一、朝一夕には身につきません。

 

書籍で知識を習得すると同時に、学んだ知識を実践でアウトプットすることが非常に重要です。

 

自分でブログを運営することは実績を作るためのみならず、アウトプットの場としても非常に有効です。現役のWebマーケターの多くが副業としてブログを運営し続けるのも、スキルを磨き続けるためのアウトプットの場として有用だからに他なりません。

 

自分のブログなら戦略に失敗して結果を出せなくても、リスクを最小限に抑えられるのもメリットとです。

 

大胆な仮定の元に作戦を実行して効果測定するのもよいでしょう。

 

 SEOはWebマーケティングに必須のスキル

SEOとは、グーグルやヤフーの検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略称です。

グーグルは公式サイトで以下の理念を掲げています。

 

【Googleが掲げる10の事実】

1. ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。

2. 1 つのことをとことん極めてうまくやるのが一番。

3. 遅いより速いほうがいい。

4. ウェブ上の民主主義は機能する。

5. 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。

6. 悪事を働かなくてもお金は稼げる。

7. 世の中にはまだまだ情報があふれている。

8. 情報のニーズはすべての国境を越える。

9. スーツがなくても真剣に仕事はできる。

10. 「すばらしい」では足りない。

引用抜粋元:Google が掲げる 10 の事実

コメント

タイトルとURLをコピーしました