【ITエンジニア×スキル】プログラミング学習は挫折が9割!?未経験者が回避する唯一の方法

ITエンジニア
スポンサーリンク

プログラミング学習を未経験から始めても、9割の人が挫折する。

 

 

こんな驚きの結果がとある調査で明らかになりました。

 

 

ITエンジニアへ未経験から転身を望む時、欠かせないのがプログラミング学習です。

 

 

書店に行けばたくさんの書籍が出版されており、学習教材に困ることはありません。

 

 

未経験でもプログラミング学習を始めるハードルはかなり低いと言えるでしょう。

 

 

またITエンジニアは、慢性的人手不足と言われています。

今後のITの発展を考えても、プログラミングスキルがあれば転職を優位に進めることも期待できるはずです。

 

 

にもかかわらず、9割のプログラミング学習者が挫折するのはなぜでしょうか。

どうしたら失敗を回避できるのでしょうか。

 

 


・ありがちで間違ったプログラミング学習法

・プログラミングスキルを伸ばす正解

 

 

今回はプログラミング未経験が陥りがちなプログラミング学習の誤解を紐解きながら、効率的に学習を進める方法を紹介します。

 

 

 


 

プログラミング学習に関する大きな誤解

Photo by Max Duzij on Unsplash

プログラミング学習を進めるほとんどの人が、残念なことに、無駄に長い時間を基礎学習に投じています。

 

 

しかも、自分が無駄な努力をしていることに気づいていません。

 

 

 

学びには、無駄も遠回りもないというのは、ことプログラミング学習においては大きな誤りです。

 

 

時間は有限です。

学ぶこと自体が目的なら、じっくり遠回りしながら学習するのも良いでしょう。

 

 

 

しかし実際は、プログラミングスキルの習得は、お金を稼ぐツールを獲得するための通過点であるはずです。

 

 

学習に時間をかけ過ぎれば、いつまで経ってもプログラミングスキルを収益化できません。

 

 

これが学習を断念し、学習に投じた時間までも無駄にする最大の原因です。

 

 

 


 

プログラミングスキルを構成する2つの要素

プログラミングスキルに関する誤解には根深いものがあります。

 

実はプログラミングには、2つのスキルが必要です。

 

 


・プログラミングするスキル=コンピューターに動作指示を出す文書を作成する

・プログラミング言語のスキル=コンピューターに指示するための言語習得

 

この2つを混同して学びを進めると、いくら勉強時間を割いても成果が上がりません。

 

 

プログラミング学習の意欲が尽きるか、金銭面で困窮して断念せざるを得なくなるか。

いずれにせよ、根負けしてプログラミング学習を断念することにつながります。

  

 

 

 

  


プログラミング学習はアウトプットから始める

Photo by Florian Olivo on Unsplash

プログラミングを学ぶなら、アウトプットするために学習するスタンスが重要です。

 

 

こう聞くと、スキルもないのにアウトプットはできないと思うでしょうか。

 

 

しかし幼児が言語を学習する時を思い浮かべれば、スキルの習得にこだわることの誤りに気付きます。

 

 

幼児は、親や周囲の人の言葉を真似て言葉を発します。

この段階では、文法を理解してはいないでしょう。

ただ真似るというアウトプットを積み重ねて言語を学びます

 

 

プログラミング学習もこれと同様です。

プログラミング学習におけるアウトプットは、簡単なアプリの作成です。

 

 

簡単なアプリなら、基本的な文法事項を組み立てるだけで動作します。

挑戦してみると、未経験の初心者でも簡単にできることに気付くでしょう。

 

 

 

まずは、アプリを作るためにプログラミング言語を学びます。そして簡単なアプリを作りながら、不足しているスキルを補いましょう。

 

 

 

 

アウトプット型のプログラミング学習、4つのメリット

プログラミング学習しながら簡単なアプリを作るメリットは、4つあります。

 

 

・作ったアプリがポートフォリオになる

・エンジニアへの就・転職活動にいち早く取り組める

・言語スキルを深められる

・次に学ぶべき内容がはっきりわかる

  

 

 

アウトプット型のプログラミング学習でITエンジニアに最短で近づける

未経験からエンジニアにで就・転職する場合は、プログラミングスキルを証明するポートフォリオが欠かせません。

 

 

作成したアプリは、立派なポートフォリオです。ポートフォリオがあれば、すぐにでもエンジニアへの就・転職活動できます。

 

 

憧れのエンジニアが、一気に視野に入るのは大きなメリットです。

 

 

 

プログラミング学習が効率的に進む

アウトプットすると、自分に足りないスキルが浮き彫りになります。

 

プログラミングスキルには、学び終わりはありません。新しい言語や新しいシステムはどんどん開発されますから、生涯にわたって学び続ける必要があります。

 

 

そして次に何を学ぶべきかは、アウトプットすることで自ずと見えてきます。

まずアプリ作成というアウトプットから、スキルアップの階段を昇りましょう。

 

 


 

プログラミング学習期間が長くなるほどエンジニアへの道は遠のく

Photo by Simon Berger on Unsplash

プログラミングスキルを上げるコツは、未経験の期間をできるだけ短くすることです。

 

 

1日も早く転職を成功させてプログラマーになり、たくさんの実地経験を積むことでしか、プログラミングスキルの向上は望めないでしょう。

 

 

何ヶ月もプログラミングの学習時間に費やすのは、単なる時間の浪費です。

 

基本的なスキルが身に付いたら、CrowdWorks(クラウドワークス)などを活用して、どんどん実際の案件を受注しましょう

 

 

・1ヶ月間しっかりプログラミングを学ぶ→アプリを作って就職活動する

・1ヶ月間しっかりプログラミングを学ぶ→クラウドワークスで案件を受注する

 

 

 

プログラミングスキルを磨くには実践経験を積むしかない

プログラミング学習を始めて日の浅い段階では、実際の案件を受注することに不安もあるでしょう。

 

 

しかし実際の案件に取り組むからこそ、実践で必要なスキルを知るチャンスが得られます

 

 

実践で求められるスキルを知る。これは、長くプログラミング学習だけを続けても得られないメリットです。

 

 

プログラミングスキルに完璧もゴールもありません。どんなに経験値のある人でも、学び続けるのがプログラミングです。

 

 

仕事を取るためのプログラミングスキルですから、仕事に必要なスキルから習得すれば、即戦力として活躍できるまでの距離も縮まります。

 

 

 

 

心置きなく挑戦するために、頼れる師を確保する

初心者であればわからないことばかりなのが当たり前。

その都度調べて学びながらスキルアップしていけばよいのです。

 

 

しかし自分1人では視点を変えて考えることが難しく、調べ方の誤りや誤解に気づくことも容易ではありません

 

 

プログラミングは独学で学ぶことも、もちろん可能です。

GitHubの他、プログラミングの高いスキルをもった人たちが自身のウェブサイトなどで詳しく解説していることもあります。

 

 

しかし学習初期の段階では特に、経験値と知識がある人による導きやアドバイスがスキルアップの要にです。

 

 

ウェブ上の記事や書籍の内容を読んだだけで、全て理解できるなら誰もプログラミング学習に挫折することはないでしょう。

 

 

・説明の内容が理解できない

・説明通りにやっているはずだがどこか間違っており、その場所が分からない

・自分の根本的理解に誤りがあるが気づかない

・間違っていると思っている箇所自体が間違っている

 

解決の糸口を示されても、その内容が理解できず。

自分がどこを間違っているのかも分からないために、どれだけ調べてエラーを修正しても再びエラー。

 

 

こうして9割のプログラミング学習未経験者が挫折し、費やした時間と経費を無駄にする結果になっています。

 

 

 

 

だからこそ自分のプログラミングに具に目を通し、どの部分に誤りがあるのかを指摘してくれる、個別に指導してくれる指導者の存在は必須です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プログラミング学習の独学の独学は不可能か?

Photo by KOBU Agency on Unsplash

プログラミング学習のコストを抑える目的で長い時間をかけて独学しても、挫折すれば要した時間も書籍代も無駄です。

 

 

プログラミングスクールを利用すれば、初期コストはかかります。

 

 

しかしプログラミングスキルを身につけるのに必要なカリキュラムが組まれているので、効率的に学習を進められ、早い段階で案件に取り組める実力が付くでしょう。

 

 

現役プログラマーが専任講師として指導にあたるプログラミングスクールなら、自分の学習ペースや目的に合わせた指導を受けられる点も魅力です。

 

 

またプログラミングスクールを介して、実際の案件を紹介してもらえるケースもあります。

プログラミングスクールを介していれば、報酬不払いなどのリスクも低減されるので安心です。

 

 

  

 

さらにCrowdWorks(クラウドワークス)などで自分で取ってきた案件で不明な点についても相談もできるので、安心して実際の案件に挑戦できるのもメリットです。

 

 

 


独学とプログラミングスクールのメリットとデメリット徹底比較

プログラミング学習を独学で進める場合と、プログラミングスクールを活用する場合のメリット、デメリットを比較していきましょう。

 

 

プログラミングの独学に向いている人の特徴4選

独学のメリット

・低コストで学べる

 


独学のデメリット

・徹底した自己管理が欠かせない

・間違った学びやスキルを身につけてしまう恐れがある

・自分に適した教材を見つけられない恐れがある

・調べても解決しない問題を相談できない

・スキルがなかなか上がらないので、挫折する恐れがある

 

 

独学でも、Progateドットインストール世界最大級のオンライン学習サイトUdemyといったリーズナブルにプログラミング学習できるサイトや、書籍を上手に活用すれば、低コストでプログラミングスキルを習得することも不可能ではありません。 

 

 

しかしその一方で、自分自身で学習計画を立て、自らを律して淡々とこなしていかなければならないので、相当な忍耐力と精神力が必要です。

 

 

また必ず遭遇する調べても分からない、解決しない問題に遭遇した時に、視点を変え、発想を変えて解決するまで取り組み続ける忍耐強さと時間的余裕も欠かせません。

 

 


プログラミング学習を独学するのに向いているのはこんな人

・プログラミングが自分に向いているか試したい人

・個人の趣味でプログラミングを学びたい人

・プログラミングで生計を立てようと思っていない人

・過去に独学で、ある分野の学びを修めた実績がある人

  

プログラミングスクールの授業料は、決して安いものではありません。

 

 

そのため各プログラミングスクールも、無料のプログラミング体験などを用意し、適正や相性をはかれるような仕組みを用意しています。

 

 

ただなんとなくプログラミングに興味があり、とりあえずやってみたい。

絶対にITエンジニアになる!というほどの意気込みはない、といった段階であれば、独学で始めてみると良いでしょう。

 

 

その際は間違った覚え方をしたり、癖をつけたりしないように、慎重に学びを進めることが対でつです。

 

 

 

 

プログラミングスクールで学ぶのが向いている人の特徴3選

プログラミングスクールのメリット

・過去の指導データに裏付けられたカリキュラムに沿って学べる

・プログラミングスキルの習得ペースが速い

・正しい情報を学べる

・自分の弱点や認識の誤りを指導してもらえる

・分からないことや解決できない問題があれば、相談できる

・案件紹介を受けられる

・就職、転職の求人情報を得やすい

・就職サポートを受けられる

  

プログラミングスクールのデメリット

・独学よりコストがかかる可能性が高い

 

 

プログラミングスクールで指導を受ければ、効率的にプログラミング学習を進められます。

 

また現役のITエンジニアが講師を務めるプログラミングスクールであれば、実戦に即した学びを得られるだけではありません。

ITエンジニアとして転職した際に知っておくと有利な情報なども聞くことができるでしょう。

 

 

プログラミングスクールでは、講師と二人三脚で学びを進めることが多いため、CrowdWorks(クラウドワークス)などで受注した案件に取り組む際も、分からないことは適宜質問しながら進められます。

 

 

・質問すれば答えが返ってくる

・自分のプログラムを見た上での、適切な指導を受けられる

 

 

 

これはプログラミング学習を進めるにあたって、非常に大きなメリットです。

 

 

 

 

プログラミングスクールで学習するのに向いているのはこんな人

・絶対にITエンジニアになりたい人

・ITエンジニアで生計を立てたい人

・最短ルートで、正しいプログラミングスキルを身につけたい人

  

プログラミングスキルを確実に身につけて、絶対にITエンジニアになる

 

 

その決心が固まっているのであれば、迷わずプログラミングスクールの門戸を叩くことをお勧めします。

 

 

初期投資として学習費用はかかります。

 

 

しかし最短ルートで、確実な実力をつけ、ITエンジニアデビューとしてのデビューを望むなら、プログラミングスクールで学ぶ一択です。

 

 

プログラミングスキルを身につけITエンジニアとして就職できれば、初期投資した費用は元が取れます。

 

 

プログラミングは、言語と思考法の両方を学ばなければなりません。

さらに、私たちが日常的に用いる言語と形態が異なるため、基礎のないところから学ぶ必要があります。

 

最初の学びで正しい情報を適切な順番で得るため。

また経験値の高い指導者のもとで指導を受けるという貴重な経験のため。

プログラミングを本気で学びたいのであれば、惜しまず投資すべきです。

 

 

 

 

テックアカデミー無料体験申し込みはこちらから

↓↓↓




投資意識が大きなリターンを生み出す

人生最大で最も投資価値が高いのは自己投資です。プログラミングスクールの料金には、以下のような目には見えない価値も含まれています。 

 

 

・節約できる時間

・実務経験豊富な先輩しか知り得ない現場の情報

・講師が身につけた知識や経験のシェア

・一刻も早く実際の案件に触れられる

・分からないことがあったときに質問できる

 

 

そして目に見えないこれらの価値こそがプログラミングスキルを上達させ、1日も早くプログラマーのスタートラインに立つことを可能にします。

  

 

基礎ができていなければ、いずれ取り返しのつかない大きな失敗をします。

 

プログラミングの案件取得にたどり着けなければ、いくら勉強しても収入につながりません。

 

 

スクールに投資することは、一刻も早く実務経験を積むことにつながります。

 

 

 

 

プログラミングは一生物のスキル

Photo by Ben Griffiths on Unsplash

プログラミングスキル、そしてプログラミングの思考方法は、今後も需要が増え続けるでしょう。

 

 

人材不足が叫ばれて久しいプログラミング業界は、未経験者でも参入しやすい特徴もあります。一人前になるには非常に長い年月の学びと経験を要する業界でもありますから、一刻も早くプログラマーのスタートラインに立つことが大切です。

 

 

 

アプリを一つ作れるレベルまで早急に到達し、1日も早くプログラマーのスタートラインに立ちましょう。

 

 

そのために、プログラミングスクールを活用することもぜひ検討してみると良いでしょう。

 

 

 

 

テックアカデミー無料体験申し込みはこちらから

↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました