【フリーランス×お金】フリーナンスの審査に落ちない条件と対策6選【体験談】

フリーナンス
スポンサーリンク

フリーナンスで請求書の現金化を申請したけど、審査に落ちた。
どうしても急ぎで現金が必要なのに、困った・・・。

 

 

こんな経験はありませんか?

 

 

実は筆者も、ものは試しと申請して審査に落ちた経験。

そして機会を改めて申請し、今度は審査に通った。

両方の体験をしました。

 

 

フリーナンスの審査落ちと審査通過の両方を経験した結果、分かったフリーナンスの審査に通るための条件と対策をまとめていきます。

 

 

 

・なぜフリーナンスの請求書現金化審査に落ちるのか?

・どうすれば審査に通るのか?

 

 

 

 

フリーナンスをすでに利用している方だけでなく、これから利用を考えている方、ファクタリングサービスってそもそも何?という方にもぜひ知っていただきたい内容です。

 

 

フリーナンス登録がまだの方はこちらから無料登録を済ませてしまいましょう。

 

 

 

無料で登録するだけで、最高5,000万円の損害賠償が付く!

 

 

 

  1. フリーナンスって何?怪しくない?
  2. フリーナンスの審査になぜ落ちる?
    1. フリーナンスは担保や保証人なしで請求書を現金化できる
    2. フリーナンスは信用が全て
  3. フリーナンスの審査に落ちないための条件5選
    1. フリーナンスの審査に落ちない条件1:フリーナンスとの取引実績
      1. フリーナンスの報酬振込専用口座から無料でメインバンクに振替できる
      2. フリーナンスで報酬受け取りできるケース・できないケース 
    2. フリーナンスの審査に落ちない条件2:請求先が個人ではない
    3. フリーナンスの審査に落ちない条件3:請求先企業の社会的信用度
    4. フリーナンスの審査に落ちない条件4:請求の事実を証明する書類
    5. フリーナンスの審査に落ちない条件5:請求先企業との取引実績
  4. フリーナンスの審査に落ちないための具体策6選
    1. フリーナンスの審査に落ちないための具体策1:企業と取引する
    2. フリーナンスの審査に落ちないための具体策2:契約書は必ず結ぶ
    3. フリーナンスの審査に落ちないための具体策3:やり取りの履歴をとっておく
    4. フリーナンスの審査に落ちないための具体策4:事業用の銀行口座を一本化
    5. フリーナンスの審査に落ちないための具体策5:申請はもれなく正確に記入
    6. フリーナンスの審査に落ちないための具体策6:追提出にはすぐに対応
  5. フリーナンスの審査に落ちたらどうしたらいい?
  6. フリーナンス以外にもある!フリーランス向けファクタリングサービス企業
    1. nugget(ナゲット)
    2. QuQuMo(ククモ)
    3. 万が一の保険はいつも確保しておく
  7. ファクタリングサービスはあくまで保険という意識で

フリーナンスって何?怪しくない?

https://freenance.net/

フリーナンスについてはこちらの記事に詳しいので、ここでは簡単な説明に止めます。

 

  

 

 

  

フリーランスになれば、身に起きること降りかかる事象の責任は全て自分で負わなければなりません。

 

 

これは本当に登録してもよいサービスなのか?

信用に値する情報なのか?

何度でも精査して、納得の上で利用することをおすすめします。

 

 

この姿勢が、フリーナンスなら絶対に避けたいのに避けて通れない、報酬不払い防止にもつながると考えています。

 

 

 

 

元々筆者の場合は、請求書の現金化を謳うフリーナンスのサービスを、怪しでいた一人でした。

 

 

しかし怪しみながらも気になっていたので、企業ページなどを熟読。

その上で、無料だからデメリットは少ないと考えて試しに登録しています。

 

 

最初はただ登録しているだけでほとんど放置していましたが、徐々に活用できるようになりました。

今はフリーナンスのサービス内容に大変満足しています。

 

 

前置きが長くなったので本題に入ります。 

 

  

フリーナンスはロリポップ!ムームードメインを提供するGMOグループの一つ、GMOクリエイターズネットワークが提供する、フリーランス向けのファクタリングサービスです。

 

 

ファクタリグとは?

・確定している請求書の金額の範囲内で資金を得る方法

・審査があり手数料はかかるものの、負債にせずに資金調達できる

 

 

  

ファクタリング自体は、一般企業ではよく採用されるビジネス手法です。

決して怪しげなものではありません。

 

 

むしろ負債にならずに資金調達できることから、活用している企業も少なくないと言われます。

 

 

ただ社会的信用度の低いフリーランス向けのファクタリングサービスにおいては、フリーナンスは先駆けであると言えるでしょう。

 

 

 

 

フリーナンスの審査になぜ落ちる?

https://pixabay.com/images/id-876597/

フリーナンスの審査に落ちる理由を一言で言ってしまえばこうなるでしょう。

 

 

フリーナンスは安心安全な企業経営をし、安心なサービスを提供している。
その分審査も厳しい。

 

 

フリーナンスは担保や保証人なしで請求書を現金化できる

例えば金融機関からお金を借りる時、万が一返済できなくなった時のための担保や連帯保証人が必要です。

 

 

担保や連帯保証人なしでもお金を借りられる消費者金融やヤミ金では、毎月高い利息を支払わなければなりません。

 

 

ではフリーナンスではどうでしょうか。

フリーナンスで請求書を現金化する場合は、身分証明書とともに、既に納入期限や金額が確定している請求書を提出して審査を受けます。

 

  

フリーナンスのメリット

・担保不要

・連帯保証人不要

・最短即日で現金を受け取れる

・利息がつかない

・負債にならない

 

 

フリーナンスなら、担保や連帯保証人なしにもかかわらず、高額な利息がつくこともありません。

審査が通ると手数料は控除されるものの、借金ではないので負債にもならないのもメリットです。

 

 

ただ考えてみてください。

世の中に都合が良い話はそうはありません。

 

フリーナンスが、ここまでフリーランスに都合のいいサービスを提供できる理由は何だと思いますか。

 

その答えこそが、 フリーナンスの審査に落ちる唯一最大の理由と言っても過言ではないでしょう。

 

 

 

フリーナンスは信用が全て

フリーナンスが担保も保証人もなく請求書を現金化する理由。

 

 

それは、審査の段階で信用情報を徹底的に調査し、不払いの可能性は限りなく低いと判断したからです。

 

 

つまりフリーナンスは信用情報だけをベースに、請求書を現金化の審査を進めその判断を下していると言えます。

 

 

このことからフリーナンスの審査に落ちないためには、信用情報が全てであることを念頭に置いて審査に臨むのが好ましいでしょう。

 

 

 

 

 

  

フリーナンスの審査に落ちないための条件5選

Photo by Mahdi Dastmard on Unsplash

フリーランスは請求書現金化の審査において信用情報を非常に重んじます

 

 

ではどのような条件が揃えば、フリーナンスの審査において信用に足ると判断されるでしょうか。

 

 

フリーナンスの審査に落ちないための5つの条件

フリーランスとの取引実績がある

請求先が個人やフリーランスではない

請求先企業の社会的信用度がある

請求の事実があることを証明する書類が整っている

請求先企業との取引実績がすでにある

 

  

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

  

 

 

フリーナンスの審査に落ちない条件1:フリーナンスとの取引実績

まずは自分自身がフリーナンスとの取引実績を住んで積んで、信用の実績を作っておくことが大前提です。

 

 

 

ではどうやってフリーランスに信用の実績を作って行ったらいいでしょうか。

 

 

フリーランスにとっての最大の実績は、どれだけの報酬を得ているかでしょう。

この報酬という実績をフリーナンスに把握してもらうのです。

 

 

より具体的に説明します。

  

 

フリーランスでは登録すると自動で、GMO あおぞらネット銀行の報酬受け取り用口座が開設されます。

 

 

すぐに必要ではなくても、将来的な請求書の現金化の可能性を考えるなら、この報酬受け取り用の GMO あおぞらネット銀行の口座を日頃から活用しておくことが大切です。

 

 

この口座を使用することのメリットは、フリーナンスでのポイントが貯まり、諸手数料が安くなるというだけではありません。 

 

 

報酬とはフリーランスの実績そのものです。

 

 

フリーランスとしての実績を、フリーナンスのデータに信用情報として積み上げることで、フリーランスとしての自分の社会的信用を積むことが叶います

 

 

そしてフリーランスとの取引の中で自分自身の信用度を積み上げていくことが、 いざ請求書現金化を申請したい段になって生きてきます。

 

 

信用とは、一朝一夕に築けるものではありません。

 

 

長い時間をかけてコツコツ積み上げていくことが必要なので、フリーナンスに登録したらすぐに、請求書記載の報酬振込専用口座もフリーナンスの報酬振込専用口座に変更しておくと良いでしょう。

 

 

 

 

 

無料で登録するだけで、最高5,000万円の損害賠償が付く!

 

 

  

 

 

 

フリーナンスの報酬振込専用口座から無料でメインバンクに振替できる

フリーナンスで開設した GMO あおぞらネット銀行の報酬振込専用口座に入ったお金は、振込手数料フリーナンス負担で、自分が指定したメインバンクに振り替えられるので安心です。

 

 

メインバンクが GMO あおぞらネット銀行の場合は、  平日毎日振り返られます。

それ以外の銀行の場合も毎週一回、また月末月初の営業日に振り替えられる仕組みです。

 

 

振り込まれた報酬をすぐに自分のメインバンクに振り替えたい場合は、メインバンクとしてGMO あおぞらネット銀行を利用すると良いでしょう。

 

 

GMO あおぞらネット銀行なら、個人口座を開設した後で屋号付きの個人事業主用口座を開設することもできます。

サービスが非常に充実して使いやすいことから、筆者もGMO あおぞらネット銀行をメインバンクとして活用していますが、大変おすすめです。

 

 

GMOあおぞらネット銀行の口座開設はこちらから。

 

 

 

 

 

フリーナンスで報酬受け取りできるケース・できないケース 

フリーランスで開設した GMO あおぞらネット銀行の振込専用口座は、企業からの振り込みのみに対応しています。

個人からの送金には対応していないので、注意が必要です。

 

 

 

フリーナンスで開設したGMO あおぞらネット銀行の振込専用口座で受け取れる報酬

CrowdWorks(クラウドワークス) クラウドソーシング「ランサーズ」スキルのフリマ【ココナラ】といったクラウドソーシングサイトからの報酬

・取引先企業からの報酬

  

フリーナンスで開設したGMO あおぞらネット銀行の振込専用口座で受け取れない報酬

・フリーランスや個人からの報酬 

 

 

 

  

  

フリーナンスの審査に落ちない条件2:請求先が個人ではない

フリーナンスで開設したGMO あおぞらネット銀行の振込専用口座では、フリーランスや個人からの報酬を受け取ることができません。

 

 

それと同様にフリーナンスの請求書現金化審査においても、個人の取引先に対して発行した請求書では、審査の対象になりません。 

 

フリーランスとして駆け出しの頃は、個人の取引先がメインになることも多々あるでしょう。

 

 

ただ自分自身のフリーランスとしての信用度を上げていくことを考えれば、徐々に企業と取引できるようになっていけるよう務めること。

 

 

これこそが、長くフリーランスとして活躍するためにも重要です。

 

 

 

フリーナンスの審査に落ちない条件3:請求先企業の社会的信用度

フリーナンスの審査においては、申請者であるフリーランスの信用情報も問われますが、より重視されるのが取引先企業の社会的信用度です。 

 

 

会社として登記登録されていることはもちろん、住所地や 連絡先に不正や事実と異なる点はないか、ホームページを開設しているかがまず問われます。

 

 

さらに会社の経営状態が安定しているかも重要な審査項目です。

 

 

不払いを起こしていないか。

決算の状況はどうであるか。

ブラックリストに登録されていないか。

 

 

取引先企業の社会的信用度を様々な角度から審査し、報酬不払いを起こす可能性は限りなく低いとフリーナンスの審査の中で判断されることが重要です。

 

 

取引先の社会的信用度については、 フリーランス自身がどうこうできるものでもなく、不可抗力な領域ではあります。 

 

 

ただ申請する際に、企業情報を正確かつ求められた情報を漏らさず入力することで、 審査を有利に進める効果が期待できるでしょう。 

 

 

フリーナンスの請求書を現金化審査に落ちる確率を下げるためには、申請の段階での書類作成に細心の注意を払うことも大切です。

 

 

 

フリーナンスの審査に落ちない条件4:請求の事実を証明する書類

フリーナンスの請求書現金化審査にあたって必ず必要なのが、請求金額と納入期日が確定しており、まだ納入期日を迎えていない請求書です。

 

 

この他にも請求の事実を裏付ける書類として、以下の書類も必要です。

 

  

取引先企業と交わした契約書

請求内容の他請求書の送付に関するやり取りの履歴

納品書

過去に取引先企業から振込があったことを証明する銀行口座のコピー

フリーランス自身の身分証明書

 

 

提出する書類の内容によっては、別途書類の提出を求められることもあります。

 

 

冒頭で申し上げたように、 フリーナンスの請求書現金化にあたっては、信用が全てです。

 

 

請求書を現金化を希望する請求書が信用に値するものなのかどうかを裏付ける書類を全て整え、 第三者から見てもその請求内容が事実であることを証明する必要があります。

 

 

この点をおろそかにすると、フリーナンスの請求書現金化審査に落ちる確率が高くなると、 筆者は体験上考えています。 

 

 

非常に面倒な作業ではありますが、審査の成否を大きく左右する項目です。

 

 

また必要な書類も、契約書や納品書、やり取りの実績など、あらかじめ用意しておく必要があるものも多く含まれています。

 

 

フリーランスとして働く以上は、万が一の報酬不払いに対する備えとして。

またフリーナンスなどのファクタリングサービスを利用する際の準備としても、契約書を交わすことや、やり取りの実績を履歴として残しておくなど、細部まで気を配っておくことが重要です。

 

 

 

 

 

フリーナンスの審査に落ちない条件5:請求先企業との取引実績

フリーナンスの請求書現金化申請にあたっては、初めて報酬を受け取る企業との請求書を現金化はかなりハードルが高いように、体験所を感じています。 

 

 

これも社会的信用度の高低につながるのですが、過去に報酬不払いを起こしていないという実績がある取引先か否かは重要です。

 

 

これまでに取引があって、その中で報酬不払いを起こさず納入期限内に報酬支払いを済ませていると言う実績は、今後も報酬不払いの可能性が低いと言う神様に通じます。

 

 

しかし今回が初めての報酬支払いという取引先の場合、 過去の取引実績がないため、信用度を測るものさしが一つ減ってしまうのです。

 

 

これを補って十分な他の証明書類があれば、フリーナンスの請求書現金化審査に有利に働く可能性もあるでしょう。

 

 

ただ信用項目の一点が明らかにかけている状況ですから、 それだけ審査は難しくなると考えたほうが賢明です。

 

 

フリーナンスの請求書現金化に落ちないためには、ある程度取引を重ね、報酬不払いを起こさない実績のある取引先との請求書を使うのが良いでしょう。

 

 

 

 

フリーナンスの審査に落ちないための具体策6選

https://pixabay.com/images/id-4610699/

フリーナンスの審査に落ちないために、日頃から備えておきたい具体策を6つ紹介します。

 

 

中には、即席では準備が整わないものもあります。

すぐにフリーナンスの請求書現金化審査に申請する予定がなくても、 万が一の備えとして日頃から心がけておくことが大切です。

 

 

できるだけ企業と取引する

契約書は必ず結ぶ

やり取りの履歴をとっておく

事業用の銀行口座を一本化する

申請の際はもれなく正確に記入する

書類の追提出を求められたらすぐに対応する

 

 

それぞれ具体的に見ていきましょう。

 

 

 

フリーナンスの審査に落ちないための具体策1:企業と取引する

フリーランスとして長く活動していくなら、企業と対等に取引していけるスキルや実績を積み重ねていかなければなりません。 

 

 

個人の取引先との実績は、 社会的に見ても評価が低くなりがちです。

 

 

その証拠に、フリーランスでも個人との取引については報酬振込専用口座も、 請求書の現金化も対応していません。

 

 

対個人やフリーランスとのやり取りそのものは肯定も否定も出来るものではないので、その点は誤解しないでいただきたいと思います。

 

 

 

ただ社会的信用や自分自身の実績、評価としてみて行く場合、対個人やフリーランスとの取引は、信用や評価に繋がりにくい傾向が強いということは理解しておく必要があるでしょう。 

 

 

実績も信用も取引先も、望んだからといってすぐに思うようになるものでは当然ありません。

 

 

実績を積みながら、信用を重ねながら、徐々に規模の大きな取引先とも取引できるようになっていきます。

 

 

ただ今は個人との取引がメインであったとしても、いずれはバックボーンのしっかりした企業と取引できるようになっていくという目標を掲げ、日々鍛錬していきましょう。

 

 

 

フリーナンスの審査に落ちないための具体策2:契約書は必ず結ぶ

フリーランスとして案件受注する際に、契約書を作成していますか。

 

 

これは報酬不払いを未然に防ぐ策としても以前こちらの記事で紹介しましたが、契約書が締結されていなければ、取引の事実があることを裏付けられません。

 

 

 

 

契約書がない時点で、フリーナンスの請求書を現金化はほぼ通らないと思った方が良いでしょう。

 

 

信用を審査するということは、 担保や連帯保証人を用意すること以上に困難を伴うこともあります。

実績を積み上げるには時間がかかりますし、第三者から見ても信用に足ると証明する為の証拠書類も複数必要です。

 

 

決して口約束だけで案件に取り組むことのないように。

必ず契約書を作成してから、案件に着手しましょう。 

 

 

フリーナンスの審査に落ちないための具体策3:やり取りの履歴をとっておく

これも万が一の報酬不払い対策の一環としても重要な事項ですが、フリーナンスの請求書現金化申請においても重要です。

 

 

請求書が架空のものではなく、実際のやりとりが存在することを裏付ける証拠書類になるためです。

  

 

どのような経緯で請求書を現金化申請に使われている請求書が生まれたのか。

この経緯を全くの第三者が理解できるように、常に準備しておきましょう。

 

 

メールやチャットワーク、 Slack などでやり取りした履歴を残しておく他、口頭でのやり取りであれば、いつどこでどういった内容を打ち合わせしたのかのメモを残しておくと良いでしょう。

 

 

 

 

フリーナンスの審査に落ちないための具体策4:事業用の銀行口座を一本化

フリーランスになっても自分のプライベートの銀行口座を報酬の受け取りや経費の支払いに使用していませんか。

 

 

確定申告などの処理の利便性を高める意味で。

また自分自身の事業の経営状況を正確に把握する意味でも、事業用の銀行口座は一本化しておく事をおすすめします。 

 

 

 GMO あおぞらネット銀行なら、個人口座を開設すると、屋号のついた個人事業主用口座も開設できます。

 

 

個人口座、個人事業主用口座ともにデビットカード機能もついており、経費を小口の現金から払う必要もなく便利です。

やよいの白色申告オンラインやよいの青色申告オンラインなどと連携しておけば、経理事務の手間も大幅に削減できます。

 

 

 

1年間無料で使用感をお試しできるやよいの青色申告オンラインやよいの白色申告オンライン

登録はこちらから

↓↓↓

 

 

フリーナンスの審査に落ちないための具体策5:申請はもれなく正確に記入

フリーナンスの請求書現金化審査の申請は、 すべてオンライン上で完了します。

 

 

所定のフォームに必要事項を記入し、証明書類を提出するだけなので簡単です。

 

 

だからといって適当に入力をして申請してはいけません。 

 

 

取引先企業情報もできるだけ綿密に調べ、誤字・脱字・記入漏れがないように細心の注意を払って入力しましょう。

 

 

この申請書への記入の仕方、誠実に誠意をもって記入しているかも、 自分自身の信用度を左右するといっても過言ではありません。

 

 

また誤った内容を入力したことで、信用情報を正確に審査できず、請求書現金化の審査に落ちる可能性も考えられるでしょう。

 

 

信用を審査されるということに対する重みを常に念頭に置いて対応することが大切です。

 

 

 

フリーナンスの審査に落ちないための具体策6:追提出にはすぐに対応

フリーナンスの請求書現金化において、1回申請しただけで全ての書類がスムーズに審査に進むことができる可能性はかなり低いと、実体験上感じます。

 

 

必ずと言っていいほど証明書類の追提出があると考えておくほうが良いでしょう。

  

この際、面倒だからと対応を先伸ばせば審査自体が全く進まず、 審査結果が出るのも遅くなります。

 

 

また自分から請求書を現金化の申請を請求しているにも関わらず、 不足書類の提出を迅速に行わないのはあまりに不誠実です。

 

 

請求書現金化の申請は、 こちら側から対応を依頼している事案であるという認識を持ち、不足書類の提出を求められた際は、速やかに対応しましょう。

 

 

こういった誠意のある対応を日々積み重ねていくことで、 フリーランスの信用と実績は積み上がっていきます。

  

 

 

 

フリーナンスの審査に落ちたらどうしたらいい?

Photo by JESHOOTS.COM on Unsplash

フリーランスの請求書現金化申請で審査される内容は、フリーランス自身の努力だけではどうにもならない部分も多分に含んでいることは先にお伝えした通りです。

 

 

もし取引先企業の経営状況や経理事情に何か問題があれば、 フリーナンスの審査には通りません。

 

 

またそもそも自分自身が必要書類の全てを整えることができないケースもあるでしょう。

 

 

筆者としてはこういった事態に直面した場合は、フリーランスとしての自分自身にまだ足りない部分があり、 社会的信用を得るに足りない段階にあるのだと認識して、申請を諦めるのが妥当と考えています。

 

 

ただ、 どうしても差し迫って事業資金が必要である場合や、支払い期日の迫った請求書があるというケースもあるでしょう。

 

 

フリーナンス以外にもフリーランス向けのファクタリングサービスを実施している企業はいくつかあります。

 

 

基本的な審査内容はフリーナンスとそう変わらないはずですが、それぞれに審査基準の難易度や重視する比率などが異なります。

 

 

消費者金融やヤミ金のようなリスクの高い負債を作るよりは、フリーナンス以外のファクタリングサービスという可能性を検討してみるのも良いでしょう。

 

 

 

フリーナンス以外にもある!フリーランス向けファクタリングサービス企業

フリーナンス以外にも個人向けファクタリングサービスを提供している企があります。

 

口コミでの評判もいい2社をご紹介します。

 

 

nugget(ナゲット)

審査が最短60分で完了。

営業日の13時までに審査が完了した場合は、最短即日での入金が可能というスピーディーさがnugget(ナゲット)の魅力です。

手数料も一律10%と明瞭で、どのくらいの現金を入手できるのか簡単に概算できます。

 

 

QuQuMo(ククモ)

請求書と通帳のコピーを用意すれば、最短2時間で現金を受け取ることができるとして、最近注目を集めているファクタリングサービスが QuQuMo(ククモ)です。

請求書現金化にかかる手数料がリーズナブルである点も QuQuMo(ククモ)の強みでしょう。

 

  

 

万が一の保険はいつも確保しておく

フリーランスとして事業展開していれば、不測の事態に見舞われて請求書現金化必須になることもあるでしょう。

 

 

そういった突然の事態に慌てずに済むように、あらかじめ複数のファクタリングサービスに登録しておくのも良いかもしれません。

 

 

 

ファクタリングサービスはあくまで保険という意識で

https://pixabay.com/images/id-1235337/

ファクタリングサービスは、既に確定している請求書の金額の範囲内で請求書を現金化するため負債を負うことなく、請求期日を待たずに現金を手に入れることができる便利なサービスです。

 

 

しかし未来に入る報酬を先取りしてしまうので、ファクタリングサービスに依存すれば、自転車操業状態に陥る恐れもあります。

 

 

また請求書現金化にあたっては手数料も必要なため、請求書金額の全額を受け取れないデメリットもあります。

 

 

フリーランスとして働いていく中で、不測の事態はいつ何時起きるともしれませんから、 その備えをしておくことは非常に大切です。

 

 

ただ備えあくまでも備え。万が一の際の保険に過ぎません。

万が一の保険に頼りすぎることなく、日々の会計管理や案件取得のバランスを調整し、安定したフリーランスとしての事業運営を進めていきましょう。

 

 

こうした日々の心がけこそが、 フリーランスとしての信用であり、実績につながります。 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました