【動画編集×独学】動画編集を未経験から副業で始めるための最も有効な独学法とは?

YouTube・動画編集
スポンサーリンク

動画編集の副業で稼ぐために最も効率的な独学の方法を紹介します。

 

 

 

・動画編集を副業にするための独学の方法

・動画編集を副業にする際の注意点

・動画編集で副業の案件を取る方法

 

 

なおこの記事で紹介するのは、YouTubeのようなタイプの動画コンテンツを編集する副業です。

 

動画編集を副業で始めるために必要な準備については、こちらの記事をご参照ください

 

 

 

 

  1. 未経験から動画編集を独学して副業にするための3ステップ
  2. 動画編集の副業案件、受注から納品までの大まかな流れ
  3. 独学で学んだ動画編集スキルで副業案件をとる
    1. 動画編集の副業案件の具体的な取り方
    2. クラウドワークスやココナラで探す
    3. SNSで案件を募集する
    4. オンラインサロンで副業案件を紹介してもらう
  4. 動画編集の副業、4つのデメリット
    1. 動画編集作業に時間がかかる
    2. 動画編集の環境整備にコストがかかる
    3. AIの自動編集ソフトが普及する可能性がある
    4. 動画編集の副業案件は単価が下がる可能性がある
  5. 動画編集の副業、5つのメリット
  6. 動画編集は未経験でも独学でできる可能性に満ちた副業
    1. 未経験で動画編集を独学する方法1:動画編集の本に目を通す
    2. 未経験で動画編集を独学する方法2:動画を使って学習する
    3. 未経験で動画編集を独学する方法3:YouTubeチャンネルをシャドーイングする
    4. 動画編集スキルを実践する|自分のYouTubeチャンネルを作る
  7. 動画編集の副業案件、受注から納品までの大まかな流れ
  8. 独学で学んだ動画編集スキルで副業案件をとる
    1. 動画編集の副業案件の具体的な取り方
    2. クラウドワークスやココナラで探す
    3. SNSで案件を募集する
    4. オンラインサロンで副業案件を紹介してもらう
  9. 動画編集の副業、4つのデメリット
    1. 動画編集作業に時間がかかる
    2. 動画編集の環境整備にコストがかかる
    3. AIの自動編集ソフトが普及する可能性がある
    4. 動画編集の副業案件は単価が下がる可能性がある
  10. 動画編集の副業、5つのメリット
  11. 動画編集は未経験でも独学でできる可能性に満ちた副業

未経験から動画編集を独学して副業にするための3ステップ

未経験で動画編集の方法を独学するなら、動画で学習するのが最も効率的です。 

 

 

動画編集の独学をは、以下の4つのステップで進めます。

 


ステップ1:動画編集に関する本にひと通り目を通す

ステップ2:動画教材で実践しながら学習する

・チャンネル登録者や視聴回数を増やして収益化できる

 

YouTubeチャンネルはGoogleアカウントさえあれば誰でも無料で作ることができます。

 

YouTubeチャンネルを作るためには、動画作成の過程を全て一人で行わなければなりません。

 

動画作成は、企画・構成・撮影・素材集め・動画編集の4工程で構成されています。

 

すべて一人で行うのはかなりハードな作業です。

 

しかしこれが出来れば動画編集者として受注できる案件の幅が大きく広がります。

 

 

自分のYouTubeチャンネルがあれば、実績のない未経験者でもスキルの証明であるポートフォリオとしてクライアントに提示できます。

 

 

案件を取りやすくするための営業ツールとして非常に有効です。

 

 

またチャンネルを長く運営して収益化に成功すれば、収入源が一つ増えるというメリットもあります。

 

 


< 自分のYouTubeチャンネルを運営する2つののメリット >

・副業案件を取得する際の動画編集スキルの証明になる

・収入源を増やすことができる

 

YouTubeチャンネルは作って損は全くありません。

 

動画編集で副業を始めるなら、是非自分のYouTubeチャンネルを作りましょう。

 

 

 

動画編集の副業案件、受注から納品までの大まかな流れ

副業案件を取る方法の前に、副業案件の受注から納品までの流れを確認しておきましょう。

 

全部で9工程あります。

 


1:副業案件を受注する

2:編集する動画を受け取り、クライアントの要望を聞く

3:不要な部分をカットし、全体を整理する

4:カラー調整やエフェクトの挿入作業

5:テロップや効果音を入れる

6:完成したら、ファイル転送ソフトで納品する

7:クライアントから修正指示があれば対応し再納品

8:クライアントが受領し、納品完了

9:報酬を受け取る

 

 

実際に案件を取ってみると様々なイレギュラーがあります。

 

ただ、一応の流れをイメージできている方が安心です。

 

 

上記の基本的な業務の他に、オリジナルアニメーションやサムネイル画像などの作成もできると、より高単価で案件を取れるようになります。

 

 


動画編集だけでなくアニメーションや画像編集のスキルも身につけて、単価を上げる。

 

付加価値があるほど副業案件の単価も高くできます。

 

より収益化しやすくなるため、基本スキルを身につけてからも常に学び続ける姿勢が大切です。

 

 

独学で学んだ動画編集スキルで副業案件をとる

基本スキルを身につけたら、実際の案件を取りに行きましょう。

 

ここでは、実績のない未経験者が副業案件を取る方法を紹介します。

 


・副業案件の具体的な取り方

 

さっそく見ていきましょう。

 

 

動画編集の副業案件の具体的な取り方

動画編集の副業案件を探す方法は、主に4つあります。 

 


・クラウドワークスやココナラのようなクラウドソーシングサイトで探す

・SNSで案件を募集する

・直接営業する

・オンラインサロンで副業案件を紹介してもらう

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

クラウドワークスやココナラで探す

クラウドソーシングサイトはいくつもありますが、中でも動画編集の案件が多いのがクラウドワークス・ランサーズ。

そしてココナラです。

 


動画編集の副業案件を探すなら、クラウドワークス・ランサーズ・ココナラがおすすめ

クラウドワークスでは案件に応募し、採用されれば仕事を始めることができます。

 

ココナラでは自分で価格と作業範囲の設定をした商品を作り、依頼者を募ります。

 

 


・クラウドワークスでは、応募して副業案件をとる

・ランサーズは、応募もできると同時に、自分のスキルで出品もできる

・ココナラではネット上に自分のお店を出店する

 

クラウドワークス、ランサーズ、ココナラ全て無料で登録できます。

 

そのためライバルも多いのがデメリットです。

 

 

ただその反面、動画編集スキルを持ったワーカーの供給量が多いため、需要を持ったクライアントも多く集まりやすいメリットもあります。

 

 

クラウドワークスやココナラで案件を獲得するなら、積極性とアピール力が重要です。

 

たくさんの動画編集経験者と競争しなければならないので、実績が少ない未経験者は最初の案件を取るまでに苦労するでしょう。

 

10件応募してダメなら20件。

 

20件応募しても駄目なら30件と、強い気持ちで食い下がることが動画編集の副業を収益化するポイントです。

 


実績が少ないうちは案件を取るのに苦労するが、心を折らずに何度でも挑戦すること。

それが、動画編集の副業を収益化するカギ。

 

自分のYouTubeチャンネルやポートフォリオを充実させながら、実際の案件に備えましょう。

 

まずは登録するのが、動画編集の副業案件収益化の第一歩です。

登録だけはまず済ませて起きましょう。

 

 

 

SNSで案件を募集する

SNSを利用人口の増加に伴い、SNS上で案件を募集したり、直接営業をかけるケースも増えています。

 


・Twitterなどで自分のYouTubeチャンネルを紹介する

・YouTubeチャンネル運営者にDMで直接営業をかける

・YouTubeのコメント欄に動画編集の提案する

 

直接営業かけても、返事ももらえないことが9割超と思って間違いありません。

 

だからといって自分から動かなければ、動画編集の副業案件が取れないのはクラウドワークスやココナラと同様です。

 

 

会社に出勤すれば仕事がある会社員とは全く働き方が違う、という認識を持ちましょう。

 

直接営業かける時に書くべき内容は以下の4つです。

 


・自己紹介(簡潔に)

・自分の動画編集スキル(具体的に)

・自分に依頼すると相手にどのようなメリットがあるのか(具体的に)

・納期や値段

 

ポイントは、簡潔かつ具体的に書くことです。

 

相手にとっては目障りな営業メールでしかありません。

 

相手の時間を取っていることを詫びつつも、自分が相手の動画に関わることでどれだけのメリットがあるのかを具体的に伝えましょう。

 

 

<・相手はあなた自身に何の興味もない

・あなたが相手にもたらすメリットの内容にだけ興味を示す可能性がある>

 

徹底して相手目線で、相手のメリットを追求することが、案件を取るための重要な戦略です。

 

 

 

オンラインサロンで副業案件を紹介してもらう

最近はオンラインサロンでも動画編集のコミュニティが増えています。

 

同じ動画編集者同士、テクニックや情報を共有しあうだけでなく、運営者から案件を依頼されることも。

 

 

オンラインサロンは月額制で有料です。

 

しかし動画編集に関する知識や見聞を広め、人脈を作るという意味でも、オンラインサロンに登録するのも有効な方法と言えます。

 

 

 

動画編集の副業、4つのデメリット

未経験者が独学でも始めやすいのが動画編集の副業です。ただ当然ながらデメリットもあります。

 

 


・動画編集作業に時間がかかる

・準備を整えるのにコストがかかる

・AIの自動編集ソフトが普及する可能性がある

・副業案件の単価が下がる可能性がある

 

あらかじめデメリットを知り、動画編集スキル習得の早い段階から適切な対策を講じることが大切です。

 

 

動画編集作業に時間がかかる

動画編集作業は膨大な時間を要します。

 

動画編集初心者の一般的な作業時間の目安が以下です。

 

 


・素材を取り込む・・・1〜2時間

・音楽に合わせて写真や動画を調整する・・・1時間半〜3時間

・テロップ挿入・・・30分〜1時間

・写真や動画のサイズ調整やエフェクト調整・・・2〜3時間

・動画の書き出し・・・1時間

 

作業に慣れれば短時間でも行えるようになりますが、より細部までこだわった動画を作成すると、もっと長く編集時間がかかることもあります。

 

 


動画編集未経験者の場合、5〜10分程度のカット編集で8時間程度要すると言われます。

 

動画編集作業は手間がかかるため膨大な時間を要します。

 

作業以外のタイムロスを最小限にするために、スペックの高いパソコンを導入したり、インターネット環境を光回線にすることは欠かせません。

 

 


< 動画編集の必須ツール >

・スペックの高いパソコン

・光回線

 

 

 

 

動画編集の環境整備にコストがかかる

先の方でも紹介したように、動画編集を効率的に進めるためにはスペックの高いパソコンや光回線のネット環境が必要です。

 

手持ちの環境で要件を満たしていれば未経験の段階ではコストはさほどかかりません。

 

全て一から揃えるとなると初期投資にコストがかかるのはデメリットです。

 

 

ただこれは初期投資に過ぎません。動画編集の副業案件を取れるようになれば、あっという間に相殺してなお利益を得られます。

 

またすでにステップ十分なパソコンと光回線の環境があれば、コストの高い初期投資は不要です。

 

すぐに収益化が出ます。

 

 

AIの自動編集ソフトが普及する可能性がある

動画編集作業にもAIの波は及んでいます。

 

2020年時点で自動動画編集ソフトが出回り始めました。

 

今後より安価に、AI技術を動画編集作業に取り込むことができる可能性は否めません。

 

しかし自動の動画編集作業ツールを上手に使いこなせば、作業に膨大な時間を要するという動画編集のデメリットを克服できます。

 

 

またAIが複雑な動画編集作業を行えるようになるには、当分時間がかかるでしょう。

 

自動処理しただけのフラットな動画が、目の肥えた視聴者を満足させることができるかは甚だ疑問です。

 

 

AIによって自動処理された簡素な動画が増えるほど、オリジナリティの高い動画の評価はより高くなります。

 

AIによる自動編集動画編集が普及する前に動画編集スキルを身につけておけば、AIツールを活用した効率的かつ強い個性を放った動画編集者として活躍することも期待できます。

 

 

動画編集の副業案件は単価が下がる可能性がある

徐々にではあるものの副業人口は増えており、動画編集者も増加しています。

 

動画編集スキルを供給する人材が増えれば、動画編集案件の単価が下落することは否めません。

 

動画編集の副業で高単価を得るためには、付加価値や工夫が必要です。

 


・アニメーション動画やサムネイル画像作成スキルを身につけて単価を上げる

・動画編集スキルを人に教えて収益を得る

・動画編集に関する情報発信をする

・動画編集の教材を作って売る

・YouTubeチャンネルを成長させて収益化する

 

動画編集という基本スキルがあれば、さらなるスキルを積み上げて収益化することができます。

 

 

しかし盤石の基礎がなければ建物が崩れます。

 

動画編集スキルが高い価値を持っている今のうちに、確固としたスキルを身につけましょう。

 

 

動画編集の副業、5つのメリット

全くの未経験でも1ヶ月程度の学習期間でスキルを身につけ、さらに収益化できる動画編集。未経験者が1から始める副業としても最適です。

動画編集の副業における5つのメリットを確認しておきましょう。

 


・パソコンがあれば誰でも始められる

・独学でも1ヶ月あれば副業にできる

・手に職がつく

・動画市場は拡大の一途で、動画編集者への需要も多い

・自分でYouTubeチャンネルを作れば、収益化や企業の足がかりになる

 

YouTubeを始め、動画市場は今や一大市場となっています。

 

動画編集スキルさえ身につければ、副業から始めてフリーランスとしての独立も視野に入れられるでしょう。

  

 

また自分でYouTubeチャンネルを育てれば、動画編集の副業の他に収入源を持つこともできます。

 

複数の収入源を持って分散することは、資産を増やすために重要です。

 

 

動画編集は未経験でも独学でできる可能性に満ちた副業

ほとんどの副業は、スキル習得までに時間やコストがかかります。

 

その点で動画編集はローリスクでハイリターンが見込める、メリットの多い副業です。

 

 

副業で案件を受けて収益を出すだけでなく、自分のYouTubeチャンネルを運営したり、教材を売ったりといった稼ぎ方もあります。

 

動画編集は収益化の可能性に満ちた副業といえます。

  

 

今すぐ学び始めれば、1ヶ月後には副業として収益化スタートしているでしょう。

 

 

早速、動画編集の本を入手するところから副業を始めましょう。

ステップ3:YouTubeなどの動画を見ながらシャドーイングする

 

詳しく紹介します。

 

 

 

未経験で動画編集を独学する方法1:動画編集の本に目を通す

初心者向けの動画編集に関する本を一冊用意して、一通り目を通します。

 


動画編集のゴールと、そこまでの過程のイメージをインプットする。

初めての場所へ行くときは、その場所の住所や行き方を詳しく確認するでしょう。

 

同じように動画編集という新たなスキルを身につける際も、動画編集作業のゴールと、どのような過程を経るのかをあらかじめイメージします。

 

 

この段階では本の内容を完璧に理解する必要は全くありません

 

むしろ本だけで動画編集を独学するのは作業工程など分かりにくいところが多く、効率が悪い学習法です。

 

本に目を通す段階で足踏みすると、挫折の原因になります。

 

 

動画編集は実務学習が最も重要です。あくまでも動画編集作業のイメージのインプットを目的としています。

 

用語も、なんとなく聞き覚えがある程度にインプットできれば十分です。

 

一通り全体に本の内容に目を通す程度で構いません。

 

 


動画編集の作業工程のイメージが大まかにつかめれば十分。

 

本からの学習は、動画編集スキルがある程度身についてからの方が重要です。

 

動画編集スキルが身についてからまた本を見直せば、見落としていた知識に気づき、不十分だった理解がより深まります。

 

 

ひとつの本の内容を深く理解するには、最低でも7回は通読する必要があると言われます。

 

まず1回目は準備体操代わりに、さらさらと軽く目を通しましょう。

 

 

 

未経験で動画編集を独学する方法2:動画を使って学習する

YouTubeや編集ソフトの公式サイトにチュートリアルがアップされています。

 

無料で動画編集スキルの学習ができるこれらのツールを活用しない手はありません。

 

 


YouTubeや動画編集ソフトのチュートリアルを活用する。

動画編集が学べる無料ツールには以下のようなものがあります。 

 

 


・YouTube(動画編集ソフト名+チュートリアルで検索)

AdobePremiereProチュートリアル

FinalCutProXチュートリアル

 

 

自分が学びやすいツールを見つけると、学習のモチベーションが上がります。

 

 

動画を使った学習は、具体的には以下の2つの手順で進めます。

 


1:動画を見ながら一緒に動画編集作業をやってみる

2:分からない部分は、ネットや他のYouTube、本などで調べる

 

 

動画を見ながら一緒に手を動かして作業を進めることが非常に重要です。

 

分からないところが出てきたら後回しにせず、ひとつずつ解決しながら動画の完成を目指しましょう。 

 

未経験で動画編集を独学する方法3:YouTubeチャンネルをシャドーイングする

シャドーイングとは語学学習でよく使われる言葉で、耳で聞いた音声を真似して声に出してみる訓練法をさします。

 


学習の基本はマネること=シャドーイング。

未経験から新しいスキルを学習する際に挫折する人の多くは、未経験でありながら素直さがなく、オリジナリティにこだわります。

 

初めてのスキルを学習する際は、まっさらな状態で素直に聞き入れ、丁寧にマネることが最も重要なポイントです。

 

 


スキル習得の早い人は、素直で歪んだプライドを捨てられる人。

 

一通りの動画編集スキルを学んだら、自分が好きなYouTubeチャンネルを見ながら真似して編集してみましょう。

 

初めてのスキルを学ぶ際に、自己主張は要りません。

 

忠実にマネることに徹します。 

 

 

自分が好きなYouTubeチャンネルなら何でも構いませんが、この時有名なYouTuberのチャンネルを選んで学んでおくのがおすすめです。

 

副業の案件を取りに行く際に営業トークで、「(有名YouTuberの)○○さん風の動画編集ができます」と言えるからです。

 

 

実績のあるユーチューバーにテイストの似た動画編集ができるスキルは、未経験から動画編集を副業にする際の強い武器になります。

 


有名ユーチューバーの動画を学んで、学びながら営業の武器も手に入れる。

 

動画編集を独学で未経験から学ぶための方法を再確認します。

 

 


<動画編集を未経験から独学する3つのステップ>

1:動画編集の本にひと通り目を通す

2:YouTubeやチュートリアル動画を実践して動画編集の基本スキルを学ぶ

3:次のユーチューバーの動画を真似て、自分で動画編集してみる

 

分からないことにぶつかるたび、ネットやYouTube、本などで調べて、ひとつずつ解決しながら動画を完成させましょう。

 

動画を完成させれば、ポートフォリオとして副業の案件を取る際の営業ツールになります。

 

 

 

動画編集スキルを実践する|自分のYouTubeチャンネルを作る

基本的な動画編集スキルが身についたら、実践を繰り返してスキルアップしましょう。

 

おすすめは自分のYouTubeチャンネルを作ることです。

 


・YouTubeチャンネルをポートフォリオになる

・チャンネル登録者や視聴回数を増やして収益化できる

 

YouTubeチャンネルはGoogleアカウントさえあれば誰でも無料で作ることができます。

 

YouTubeチャンネルを作るためには、動画作成の過程を全て一人で行わなければなりません。

 

動画作成は、企画・構成・撮影・素材集め・動画編集の4工程で構成されています。

 

すべて一人で行うのはかなりハードな作業です。

 

しかしこれが出来れば動画編集者として受注できる案件の幅が大きく広がります。

 

 

自分のYouTubeチャンネルがあれば、実績のない未経験者でもスキルの証明であるポートフォリオとしてクライアントに提示できます。

 

 

案件を取りやすくするための営業ツールとして非常に有効です。

 

 

またチャンネルを長く運営して収益化に成功すれば、収入源が一つ増えるというメリットもあります。

 

 


< 自分のYouTubeチャンネルを運営する2つののメリット >

・副業案件を取得する際の動画編集スキルの証明になる

・収入源を増やすことができる

 

YouTubeチャンネルは作って損は全くありません。

 

動画編集で副業を始めるなら、是非自分のYouTubeチャンネルを作りましょう。

 

 

 

動画編集の副業案件、受注から納品までの大まかな流れ

副業案件を取る方法の前に、副業案件の受注から納品までの流れを確認しておきましょう。

 

全部で9工程あります。

 


1:副業案件を受注する

2:編集する動画を受け取り、クライアントの要望を聞く

3:不要な部分をカットし、全体を整理する

4:カラー調整やエフェクトの挿入作業

5:テロップや効果音を入れる

6:完成したら、ファイル転送ソフトで納品する

7:クライアントから修正指示があれば対応し再納品

8:クライアントが受領し、納品完了

9:報酬を受け取る

 

 

実際に案件を取ってみると様々なイレギュラーがあります。

 

ただ、一応の流れをイメージできている方が安心です。

 

 

上記の基本的な業務の他に、オリジナルアニメーションやサムネイル画像などの作成もできると、より高単価で案件を取れるようになります。

 

 


動画編集だけでなくアニメーションや画像編集のスキルも身につけて、単価を上げる。

 

付加価値があるほど副業案件の単価も高くできます。

 

より収益化しやすくなるため、基本スキルを身につけてからも常に学び続ける姿勢が大切です。

 

 

独学で学んだ動画編集スキルで副業案件をとる

基本スキルを身につけたら、実際の案件を取りに行きましょう。

 

ここでは、実績のない未経験者が副業案件を取る方法を紹介します。

 


・副業案件の具体的な取り方

 

さっそく見ていきましょう。

 

 

動画編集の副業案件の具体的な取り方

動画編集の副業案件を探す方法は、主に4つあります。 

 


・クラウドワークスやココナラのようなクラウドソーシングサイトで探す

・SNSで案件を募集する

・直接営業する

・オンラインサロンで副業案件を紹介してもらう

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

クラウドワークスやココナラで探す

クラウドソーシングサイトはいくつもありますが、中でも動画編集の案件が多いのがクラウドワークス・ランサーズ。

そしてココナラです。

 


動画編集の副業案件を探すなら、クラウドワークス・ランサーズ・ココナラがおすすめ

クラウドワークスでは案件に応募し、採用されれば仕事を始めることができます。

 

ココナラでは自分で価格と作業範囲の設定をした商品を作り、依頼者を募ります。

 

 


・クラウドワークスでは、応募して副業案件をとる

・ランサーズは、応募もできると同時に、自分のスキルで出品もできる

・ココナラではネット上に自分のお店を出店する

 

クラウドワークス、ランサーズ、ココナラ全て無料で登録できます。

 

そのためライバルも多いのがデメリットです。

 

 

ただその反面、動画編集スキルを持ったワーカーの供給量が多いため、需要を持ったクライアントも多く集まりやすいメリットもあります。

 

 

クラウドワークスやココナラで案件を獲得するなら、積極性とアピール力が重要です。

 

たくさんの動画編集経験者と競争しなければならないので、実績が少ない未経験者は最初の案件を取るまでに苦労するでしょう。

 

10件応募してダメなら20件。

 

20件応募しても駄目なら30件と、強い気持ちで食い下がることが動画編集の副業を収益化するポイントです。

 


実績が少ないうちは案件を取るのに苦労するが、心を折らずに何度でも挑戦すること。

それが、動画編集の副業を収益化するカギ。

 

自分のYouTubeチャンネルやポートフォリオを充実させながら、実際の案件に備えましょう。

 

まずは登録するのが、動画編集の副業案件収益化の第一歩です。

登録だけはまず済ませて起きましょう。

 

 

 

SNSで案件を募集する

SNSを利用人口の増加に伴い、SNS上で案件を募集したり、直接営業をかけるケースも増えています。

 


・Twitterなどで自分のYouTubeチャンネルを紹介する

・YouTubeチャンネル運営者にDMで直接営業をかける

・YouTubeのコメント欄に動画編集の提案する

 

直接営業かけても、返事ももらえないことが9割超と思って間違いありません。

 

だからといって自分から動かなければ、動画編集の副業案件が取れないのはクラウドワークスやココナラと同様です。

 

 

会社に出勤すれば仕事がある会社員とは全く働き方が違う、という認識を持ちましょう。

 

直接営業かける時に書くべき内容は以下の4つです。

 


・自己紹介(簡潔に)

・自分の動画編集スキル(具体的に)

・自分に依頼すると相手にどのようなメリットがあるのか(具体的に)

・納期や値段

 

ポイントは、簡潔かつ具体的に書くことです。

 

相手にとっては目障りな営業メールでしかありません。

 

相手の時間を取っていることを詫びつつも、自分が相手の動画に関わることでどれだけのメリットがあるのかを具体的に伝えましょう。

 

 

<・相手はあなた自身に何の興味もない

・あなたが相手にもたらすメリットの内容にだけ興味を示す可能性がある>

 

徹底して相手目線で、相手のメリットを追求することが、案件を取るための重要な戦略です。

 

 

 

オンラインサロンで副業案件を紹介してもらう

最近はオンラインサロンでも動画編集のコミュニティが増えています。

 

同じ動画編集者同士、テクニックや情報を共有しあうだけでなく、運営者から案件を依頼されることも。

 

 

オンラインサロンは月額制で有料です。

 

しかし動画編集に関する知識や見聞を広め、人脈を作るという意味でも、オンラインサロンに登録するのも有効な方法と言えます。

 

 

 

動画編集の副業、4つのデメリット

未経験者が独学でも始めやすいのが動画編集の副業です。ただ当然ながらデメリットもあります。

 

 


・動画編集作業に時間がかかる

・準備を整えるのにコストがかかる

・AIの自動編集ソフトが普及する可能性がある

・副業案件の単価が下がる可能性がある

 

あらかじめデメリットを知り、動画編集スキル習得の早い段階から適切な対策を講じることが大切です。

 

 

動画編集作業に時間がかかる

動画編集作業は膨大な時間を要します。

 

動画編集初心者の一般的な作業時間の目安が以下です。

 

 


・素材を取り込む・・・1〜2時間

・音楽に合わせて写真や動画を調整する・・・1時間半〜3時間

・テロップ挿入・・・30分〜1時間

・写真や動画のサイズ調整やエフェクト調整・・・2〜3時間

・動画の書き出し・・・1時間

 

作業に慣れれば短時間でも行えるようになりますが、より細部までこだわった動画を作成すると、もっと長く編集時間がかかることもあります。

 

 


動画編集未経験者の場合、5〜10分程度のカット編集で8時間程度要すると言われます。

 

動画編集作業は手間がかかるため膨大な時間を要します。

 

作業以外のタイムロスを最小限にするために、スペックの高いパソコンを導入したり、インターネット環境を光回線にすることは欠かせません。

 

 


< 動画編集の必須ツール >

・スペックの高いパソコン

・光回線

 

 

 

 

動画編集の環境整備にコストがかかる

先の方でも紹介したように、動画編集を効率的に進めるためにはスペックの高いパソコンや光回線のネット環境が必要です。

 

手持ちの環境で要件を満たしていれば未経験の段階ではコストはさほどかかりません。

 

全て一から揃えるとなると初期投資にコストがかかるのはデメリットです。

 

 

ただこれは初期投資に過ぎません。動画編集の副業案件を取れるようになれば、あっという間に相殺してなお利益を得られます。

 

またすでにステップ十分なパソコンと光回線の環境があれば、コストの高い初期投資は不要です。

 

すぐに収益化が出ます。

 

 

AIの自動編集ソフトが普及する可能性がある

動画編集作業にもAIの波は及んでいます。

 

2020年時点で自動動画編集ソフトが出回り始めました。

 

今後より安価に、AI技術を動画編集作業に取り込むことができる可能性は否めません。

 

しかし自動の動画編集作業ツールを上手に使いこなせば、作業に膨大な時間を要するという動画編集のデメリットを克服できます。

 

 

またAIが複雑な動画編集作業を行えるようになるには、当分時間がかかるでしょう。

 

自動処理しただけのフラットな動画が、目の肥えた視聴者を満足させることができるかは甚だ疑問です。

 

 

AIによって自動処理された簡素な動画が増えるほど、オリジナリティの高い動画の評価はより高くなります。

 

AIによる自動編集動画編集が普及する前に動画編集スキルを身につけておけば、AIツールを活用した効率的かつ強い個性を放った動画編集者として活躍することも期待できます。

 

 

動画編集の副業案件は単価が下がる可能性がある

徐々にではあるものの副業人口は増えており、動画編集者も増加しています。

 

動画編集スキルを供給する人材が増えれば、動画編集案件の単価が下落することは否めません。

 

動画編集の副業で高単価を得るためには、付加価値や工夫が必要です。

 


・アニメーション動画やサムネイル画像作成スキルを身につけて単価を上げる

・動画編集スキルを人に教えて収益を得る

・動画編集に関する情報発信をする

・動画編集の教材を作って売る

・YouTubeチャンネルを成長させて収益化する

 

動画編集という基本スキルがあれば、さらなるスキルを積み上げて収益化することができます。

 

 

しかし盤石の基礎がなければ建物が崩れます。

 

動画編集スキルが高い価値を持っている今のうちに、確固としたスキルを身につけましょう。

 

 

動画編集の副業、5つのメリット

全くの未経験でも1ヶ月程度の学習期間でスキルを身につけ、さらに収益化できる動画編集。未経験者が1から始める副業としても最適です。

動画編集の副業における5つのメリットを確認しておきましょう。

 


・パソコンがあれば誰でも始められる

・独学でも1ヶ月あれば副業にできる

・手に職がつく

・動画市場は拡大の一途で、動画編集者への需要も多い

・自分でYouTubeチャンネルを作れば、収益化や企業の足がかりになる

 

YouTubeを始め、動画市場は今や一大市場となっています。

 

動画編集スキルさえ身につければ、副業から始めてフリーランスとしての独立も視野に入れられるでしょう。

  

 

また自分でYouTubeチャンネルを育てれば、動画編集の副業の他に収入源を持つこともできます。

 

複数の収入源を持って分散することは、資産を増やすために重要です。

 

 

動画編集は未経験でも独学でできる可能性に満ちた副業

ほとんどの副業は、スキル習得までに時間やコストがかかります。

 

その点で動画編集はローリスクでハイリターンが見込める、メリットの多い副業です。

 

 

副業で案件を受けて収益を出すだけでなく、自分のYouTubeチャンネルを運営したり、教材を売ったりといった稼ぎ方もあります。

 

動画編集は収益化の可能性に満ちた副業といえます。

  

 

今すぐ学び始めれば、1ヶ月後には副業として収益化スタートしているでしょう。

 

 

早速、動画編集の本を入手するところから副業を始めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました